気さくであっさりとした対応で男友達を作る方法

女らしさを押さえて、男っぽくあっさりした性格できさくにトークする

もともとの性格もあるかもしれませんが、男性は女らしい態度よりもあっさりと、男同士で話すように、あっさりと、さばさばとした口調で話すほうが、男性も対等に向き合ってくれ、腹を割って話してくれるようです。
私は、男友達が多いほうなのですが、親友にような男性の友人が言うには、女っぽくないから話しやすいし、なんでも相談したり話したりできると言うことでした。
その分女性としては見られることはないですが、腹を割って自分の弱みも見せて話すことができる、いい関係ができていると思います。

 

お酒が飲めること、大人数の飲み会に参加することが大事です。

男性はだいたいお酒が飲める方が多いので、女性らしくお酌をしたり、料理を取り分けたりするよりも、一緒に飲んで馬鹿をやったり多少酔っ払って粗相をするくらいのほうが、男性も心を開いてくれますし、自分も馬鹿をして良いんだと安心して、本音を言ってくれるいよぷになります。
大人数の飲み会があったら、断わらないでとりあえず参加してみるのも大事です。交友関係も広がりますし、気の会う男友達が見つかる可能性も広がります。男友達が1人できたら、その友達たちと飲んでみるのも良いかもしれません。気の会う友人の友人はまた、似ている雰囲気があるからか、気の合う友人になることができる可能性が大きいです。
そして、友人が切り口になってくれるので、すんなりと友人関係を築けることが多いです。

 

聞き上手になって、相手の言ってもらいたいことを判断すること

男友達に限らず、友人関係に共通して言えることですが、相手の話を最後まで良く聞いて、それをふまえて何を求めているか判断することが大事です。
女友達はそこで、たいていは言ってもらいたいことを言ってあげると慶ぶのですが、男性の場合は、それを踏まえて引き出してから、でも自分は・・・と自分の意見を言ってみるのも良いかもしれません。女性よりも討論めいて意見をぶつけ合ったほうが、友情が深まる気がします。

 

男性はあまりまめではなく、忘れたときに連絡が来たとり、と思ったら急に誘ってきたりと、戸惑うかもしれませんが、根は熱く、繋がりを大事にする人も多いので、さばさばとした態度で、男友達を作ることができると良いですね。